IFRS第3号「企業結合」

JT、国際会計基準(IFRS)を導入

IFRS ニューヨークバーガー タニマチ 高砂親方 朝青龍 引退 iPad ラジオサーバー
日本たばこ産業(JT) が経営の国際化の総仕上げに入った。2012年3月期末から国際会計基準(IFRS)導入 を決定。さらに 連結決算期を15年に3月から12月に移行 する方針も固めた。財務諸表の開示方法が変わることで、米フィリップ・モリス・インターナショナルなど世界の競合と収益比較が大幅にしやすくなる。1999年の米RJRナビスコの海外事業、07年の英ガラハーなどの大型買収を経て、同社の海外でのたばこ事業は急成長を遂げてきた。JTがあえてライバルと同じ「土俵」に立つことを選んだことで、海外勢との競争を意識した成長戦略に注目が集まりそうだ。

JTは 月から社内にプロジェクトチームを発足させ、決算期変更の準備を開始 する。株主総会での特別決議や筆頭株主である財務省の認可などを経てから実施 する計画で、14年を4~12月期の9カ月決算にして、15年から通年で12月期に移行 する。

「世界の競合とイコール・フッティングで戦いたい」――。JTの木村宏社長はインタビューなどで、ことあるごとにこう話してきた。フィリップ・モリス、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコに続く世界3位のたばこ会社となったJTだが、世界の競合とは微妙に立場が違うのが現状だ。

JTには政府の出資義務があり、今でも発行済み株式の半分を財務大臣が握っている。ただ、こうした「半官半民」の企業特質のほかにも、会計基準の違いが世界の同業他社との比較を妨げていた。

同社がこれまで採用していた 日本会計基準では、のれんの定期償却 をしないといけないため、本業での収益が財務諸表から見えにくい。同社は過去の大型買収でのれん代が膨らみ、毎年900億円近い金額を償却してきた。このため、定期償却がない米国会計基準やIFRSを導入する同業他社よりも、利益が過小評価 されやすかった。

同社の12年3月期の連結営業利益予想は日本基準では3650億円だが、IFRSベースでは4460億円となる。期末からのIFRS移行で、「のれん」による海外勢との収益ギャップは解消されるといえる。

(JT、12月期決算移行で見えた国際企業への変革
012/4/3 6:00 日本経済新聞 電子版)

   +++

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」
巻末「結論の背景 (Basis for Conclusions)」より、
「のれんの事後測定」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Other IFRSs that provide guidance on subsequent measurement
and accounting (application of paragraph 54)
B63 Examples of other IFRSs that provide guidance on subsequently measuring and accounting for assets acquired and liabilities assumed or incurred in a business combination include:
(a) IAS 38 prescribes the accounting for identifiable intangible assets acquired in a business combination. The acquirer measures goodwill at the amount recognised at the acquisition date less any accumulated impairment losses. IAS 36 Impairment of Assets prescribes the accounting for impairment losses.

【訳】
事後の測定および会計処理に係る指針を提供する他の基準
(54項の適用)
B63 企業結合において取得した資産、および
引き継いだ、あるいは発生した負債に関する
事後の測定や会計処理に係る指針を提供する他の基準には、
例えば以下のものがある。

(a) IAS第38号「無形資産」は、企業結合によって取得した
識別可能な無形資産の会計処理を規定している。

取得企業は取得日に認識した金額から
減損損失累計額を控除した金額で
のれんを測定する。

IAS第36号「資産の減損」は、減損損失の会計処理を規定している。

■きょうの単語
subsequent [sʌ'bsəkwənt] 【形】 次の、後の、事後の

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コクヨの11年12月期、特損64億円 のれん代一括償却などで

IFRS ニューヨークバーガー タニマチ 高砂親方 朝青龍 引退 iPad ラジオサーバー
コクヨは6日、2011年12月期連結決算で約64億円の特別損失を計上すると発表した。内訳はインドの文具子会社の株価下落に伴うのれん代一括償却で49億円、固定資産の減損損失で15億円。前期は13億円の最終黒字を見込んでいたが、3期ぶりの赤字に転落する可能性が出てきた。

コクヨは約67億円を投じてインドの文具大手、カムリンの株式50.3%を11年7月と10月に取得したが、前期末のカムリン株の時価は取得額の半分以下となった。固定資産の減損損失は横浜市と福岡市の土地・建物が対象。

今回の特損計上により、11年12月期決算は下方修正となる可能性が大きい。コクヨは「現在集計しており、判明し次第開示する」としている。

(コクヨの11年12月期、特損64億円 のれん代一括償却などで
2012/1/6 日本経済新聞 電子版)

   +++

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」
巻末「結論の背景 (Basis for Conclusions)」より、
「のれんの事後測定」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Other IFRSs that provide guidance on subsequent measurement
and accounting (application of paragraph 54)
B63 Examples of other IFRSs that provide guidance on subsequently measuring and accounting for assets acquired and liabilities assumed or incurred in a business combination include:
(a) IAS 38 prescribes the accounting for identifiable intangible assets acquired in a business combination. The acquirer measures goodwill at the amount recognised at the acquisition date less any accumulated impairment losses. IAS 36 Impairment of Assets prescribes the accounting for impairment losses.

【訳】
事後の測定および会計処理に係る指針を提供する他の基準
(54項の適用)
B63 企業結合において取得した資産、および
引き継いだ、あるいは発生した負債に関する
事後の測定や会計処理に係る指針を提供する他の基準には、
例えば以下のものがある。

(a) IAS第38号「無形資産」は、企業結合によって取得した
識別可能な無形資産の会計処理を規定している。

取得企業は取得日に認識した金額から
減損損失累計額を控除した金額で
のれんを測定する。

IAS第36号「資産の減損」は、減損損失の会計処理を規定している。

■きょうの単語
subsequent [sʌ'bsəkwənt] 【形】 次の、後の、事後の

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

製薬大手の海外M&A活発に 第一三共、即戦力を獲得 武田、将来への種まき型 負担と効果のバランス重要(IFRS3号)

IFRS
積極的な海外M&A(合併・買収)に乗り出している製薬大手。主力薬の米国での特許切れなど収益環境の変化に対応した動きだが、買収戦略といっても貢献のあり方は異なる。ここへきて目立つようになったのが、足元業績への貢献型と将来への種まき型の違いだ。

エーザイは3日、2012年3月期からの5カ年計画を発表した。内藤晴夫社長は「5年以内に世界の医薬品売上高上位20カ国に自前の販売網を築く」と宣言。16年3月期までに女性向け抗がん剤の世界大手になるとの目標も表明した。乳がんや卵巣がんなどの治療薬を世界で拡販する。

柱の一つに据えるがん関連事業だが、米国では08年に本格参入したばかり。きっかけは米MGIファーマの買収(後に吸収合併)だった。抗がん剤の副作用による吐き気を抑える薬など有力製品を入手。11年3月期は連結最終利益を80億円前後押し上げる要因になる。

第一三共は08年に買収したインドのランバクシー・ラボラトリーズが足元の業績に貢献する。米国でヘルペス治療薬や認知症薬「アリセプト」の後発薬を拡販し、10年12月期に3億2700万ドル(約270億円)の純利益を稼ぎ出した。

買収直後は品質問題などもあって連結業績の重荷だったが、いまやけん引役のひとつ。のれん代償却などの影響を除くと第一三共の今期純利益を約100億円押し上げ るとみられ、純利益全体(700億円)の14%をランバクシーから得る。

一方、新薬の開発力向上が主な目的のM&Aは収益貢献に時間がかかる。08年に米ミレニアム・ファーマシューティカルズを傘下に収めた 武田薬品工業は、無形固定資産の償却などで今期業績に360億円前後の減益 影響を受ける。昨年に米OSIファーマシューティカルズを子会社化した アステラス製薬も、無形固定資産償却などが190億円前後の減益 要因となりそうだ。

買収をテコに事業の芽を育てる取り組みは進みつつある。武田は買収直前に患者を対象とする臨床試験(第2相治験)以降の段階にあった抗がん剤が2品目。ミレニアムの新薬候補や開発ノウハウを活用し現在は7品目に増加した。アステラスも抗がん剤3品目をOSIから入手。開発に成功すれば特許切れ薬に続く収益源となる。

貢献の形が見え始めた海外M&Aだが「海外の製薬大手などと競り合った結果、割高な価格で買収したケースもある」(国内証券)。買収負担と効果のバランスを継続的に検証し、決断の正当性を市場に示していくことが必要だ。

(製薬大手の海外M&A活発に
第一三共、即戦力を獲得 武田、将来への種まき型 負担と効果のバランス重要 
2011/3/11付 日本経済新聞 朝刊 )

   +++iPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛 グーグルフォン 長崎県知事 町田市長 舛添要一 椿鬼奴 球団 キャンプ 不倫

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」
より、「のれんの事後測定」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Other IFRSs that provide guidance on subsequent measurement
and accounting (application of paragraph 54)
B63 Examples of other IFRSs that provide guidance on subsequently measuring and accounting for assets acquired and liabilities assumed or incurred in a business combination include:
(a) IAS 38 prescribes the accounting for identifiable intangible assets acquired in a business combination. The acquirer measures goodwill at the amount recognised at the acquisition date less any accumulated impairment losses. IAS 36 Impairment of Assets prescribes the accounting for impairment losses.

【訳】
事後の測定および会計処理に関する指針を与える他の基準
(第54項の適用)

B63 企業結合によって取得した資産、
および引き継いだまたは発生した負債の
事後的な測定および会計処理に関する指針を定める
他の基準の例には、以下のものがある。
(a) IAS第38号「無形資産」は、
企業結合で取得した識別可能な無形資産の会計処理を規定している。
取得企業はのれんを、
取得日に認識した金額から減損損失累計額を控除した金額で測定する。
IAS第36号「資産の減損」は、減損損失の会計処理を規定している。

IAS第36号「資産の減損 (Impairment of Assets)」には、
「のれんを含む現金生成単位の減損テスト」に関する規定があります。

【原文】karaoke
90 A cash-generating unit to which goodwill has been allocated shall be tested for impairment annually, and whenever there is an indication that the unit may be impaired, by comparing the carrying amount of the unit, including the goodwill, with the recoverable amount of the unit. If the recoverable amount of the unit exceeds the carrying amount of the unit, the unit and the goodwill allocated to that unit shall be regarded as not impaired. If the carrying amount of the unit exceeds the recoverable amount of the unit, the entity shall recognise the impairment loss in accordance with paragraph 104.

【訳】
第90項 のれんが配分された現金生成単位は、
毎期、および減損の兆候がある場合には随時、
のれんを含む当該単位の簿価と回復可能価額を比較することによって、
減損テストを行わなければならない。

当該単位の回復可能価額が帳簿価額を上回る場合には、
当該単位とのれんは減損していないものとみなされる。

当該単位の帳簿価額が回復可能価額を上回る場合には、
企業は第104項にしたがって、減損損失を認識しなければならない。

なお、日本の会計基準ではのれんを償却しますが、
のれんは、他の固定資産と同様に減損の対象にもなっています
「固定資産の減損に係る会計基準」、および
企業会計基準適用指針第6号「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」
を参照)。

■きょうの単語
prescribe [priskra'ib] 【他動】 命じる、規定する

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポンタ Tポイント ローソン ファミリーマート ゲオ カルチュア・コンビニエンス・クラブ 昭和シェル石油 新日本石油 日本ケンタッキー・フライド・チキン ドトールコーヒー すかいらーく サカイ引越センター アートコーポレーションiPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛和夫 グーグルフォン 徴兵制 コラーゲン 篠原涼子 事業仕分け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板硝子、IFRSなら今期純利益10倍に 来期の適用控え影響を試算

IFRS
日本板硝子は25日、国際会計基準(IFRS)を適用した場合の2011年3月期業績予想の試算を公表した。純利益は104億円と、日本基準(10億円)に比べて約10倍に膨らむ。IFRSでは英ガラス大手ピルキントン買収に伴うのれんの償却がなくなり、利益が押し上げられる。

板硝子は12年3月期にIFRSを早期適用する。11年3月期は、日本基準とIFRSのそれぞれの基準で作成した決算を発表する。これに先駆け今期の業績予想への影響を試算した。

日本基準とIFRSの違いの1つは、企業を買収した際に発生する「のれん」の償却。IFRSでは、買収先の価値が著しく目減りしたときに減損処理をする。板硝子の場合、日本基準で計上するのれんや一部の無形固定資産の償却がIFRSではなくなる。

前期の貸借対照表への影響も試算した。IFRSに基づく資本は1999億円と日本基準より17%少なくなる。年金の積み立て不足や資本計上していた優先株300億円を負債に計上する分、目減りする。

ただ、11年3月期には優先株をすべて買い入れ消却したほか、約400億円の増資も実施。今期以降はIFRSを適用した場合の日本基準と比べた資本の目減りは小幅にとどまりそうだ。

(板硝子、IFRSなら今期純利益10倍に 来期の適用控え影響を試算
2011/2/26付 日本経済新聞 朝刊 )

   +++iPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛 グーグルフォン 長崎県知事 町田市長 舛添要一 椿鬼奴 球団 キャンプ 不倫

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」
より、「のれんの事後測定」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Other IFRSs that provide guidance on subsequent measurement
and accounting (application of paragraph 54)
B63 Examples of other IFRSs that provide guidance on subsequently measuring and accounting for assets acquired and liabilities assumed or incurred in a business combination include:
(a) IAS 38 prescribes the accounting for identifiable intangible assets acquired in a business combination. The acquirer measures goodwill at the amount recognised at the acquisition date less any accumulated impairment losses. IAS 36 Impairment of Assets prescribes the accounting for impairment losses.

【訳】
事後の測定および会計処理に関する指針を与える他の基準
(第54項の適用)

B63 企業結合によって取得した資産、
および引き継いだまたは発生した負債の
事後的な測定および会計処理に関する指針を定める
他の基準の例には、以下のものがある。
(a) IAS第38号「無形資産」は、
企業結合で取得した識別可能な無形資産の会計処理を規定している。
取得企業はのれんを、
取得日に認識した金額から減損損失累計額を控除した金額で測定する。
IAS第36号「資産の減損」は、減損損失の会計処理を規定している。

IAS第36号「資産の減損 (Impairment of Assets)」には、
「のれんを含む現金生成単位の減損テスト」に関する規定があります。

【原文】karaoke
90 A cash-generating unit to which goodwill has been allocated shall be tested for impairment annually, and whenever there is an indication that the unit may be impaired, by comparing the carrying amount of the unit, including the goodwill, with the recoverable amount of the unit. If the recoverable amount of the unit exceeds the carrying amount of the unit, the unit and the goodwill allocated to that unit shall be regarded as not impaired. If the carrying amount of the unit exceeds the recoverable amount of the unit, the entity shall recognise the impairment loss in accordance with paragraph 104.

【訳】
第90項 のれんが配分された現金生成単位は、
毎期、および減損の兆候がある場合には随時、
のれんを含む当該単位の簿価と回復可能価額を比較することによって、
減損テストを行わなければならない。

当該単位の回復可能価額が帳簿価額を上回る場合には、
当該単位とのれんは減損していないものとみなされる。

当該単位の帳簿価額が回復可能価額を上回る場合には、
企業は第104項にしたがって、減損損失を認識しなければならない。

なお、日本の会計基準ではのれんを償却しますが、
のれんは、他の固定資産と同様に減損の対象にもなっています
「固定資産の減損に係る会計基準」、および
企業会計基準適用指針第6号「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」
を参照)。

■きょうの単語
prescribe [priskra'ib] 【他動】 命じる、規定する

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポンタ Tポイント ローソン ファミリーマート ゲオ カルチュア・コンビニエンス・クラブ 昭和シェル石油 新日本石油 日本ケンタッキー・フライド・チキン ドトールコーヒー すかいらーく サカイ引越センター アートコーポレーションiPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛和夫 グーグルフォン 徴兵制 コラーゲン 篠原涼子 事業仕分け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HIS、ハウステンボスの負ののれん一括償却(IFRS3号)

IFRS
エイチ・アイ・エスが17日発表した2010年10月期連結決算は、経常利益が50億円と前の期から10%減った。同業との価格競争で販売単価が伸び悩んだことが響いた。企業買収に伴う特別利益の発生で、純利益は33億円と0.4%増だった。

売上高は7%増の3480億円。取扱旅行者数は前の期並みの277万人と、想定を下回った。航空会社の路線縮小や機材の小型化で座席の確保が難航した。航空座席の仕入れコストの上昇や販売競争による単価の伸び悩みで、営業利益は62億円と12%減った。

テーマパークのハウステンボス(長崎県佐世保市)の子会社化に伴う負ののれん代6億円を一括償却し、特別利益に計上した。

11年10月期の売上高は18%増の4090億円、純利益は54%増の52億円を見込む。羽田空港の国際線ターミナルの開業などで、取扱旅行者数は前期比10%増の305万人となりそう。ハウステンボスは入場者が増加しており、11年9月期通期の営業損益の黒字転換を目指す。

(HIS、前期経常益10%減 価格競争激化で単価が伸び悩む
2010/12/18  日本経済新聞 朝刊)

   +++IFRS 枝野幸男 中島美嘉 iPad ユニクロ 綾瀬はるか さっぽろ雪まつり 石川議員 亀田大毅

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」より、
「廉価取得」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Bargain purchases
34 Occasionally, an acquirer will make a bargain purchase, which is a business combination in which the amount in paragraph 32(b) exceeds the aggregate of the amounts specified in paragraph 32(a). If that excess remains after applying the requirements in paragraph 36, the acquirer shall recognise the resulting gain in profit or loss on the acquisition date. The gain shall be attributed to the acquirer.

【訳】
廉価取得(割安購入)
第34項 取得企業は、廉価取得、すなわち、
第32項(b)の金額(=取得に要した額)

第32項(a)に特定する金額の合計(=取得した企業の純資産額)
を超えるような
企業結合を実施することがある。

第36項(=取得した企業の純資産額の見直し)の定めを適用した後も
なお、その超過が残る場合には、
取得企業は、結果として生じた利得を、
取得日に純損益として認識する。

その利得は取得企業に帰属させなければならない。

■きょうの単語
occasionally [əke'iʒənəli] 【副】 時々、たまに、時として
exceed [ksi'ːd] 【他動】 超える、上回る
excess [ikse's] 【名】 超過分、余剰分

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

蘭オセ社買収の「のれん」、キヤノン900億円計上、年金積み立て不足などで拡大。

IFRS
 キヤノンがオランダのプリンター大手、オセの買収に伴い約900億円の「のれん」を計上する見通しとなった。オセ買収で新たに発生したのれんに加え、過去にオセが米社買収で計上したのれんを引き継いだ。オセの年金積み立て不足なども響き、今回計上するのれんの額は買収総額の9割の水準に達する。

 キヤノンは米国会計基準を採用しており、のれんの価値が著しく低下した場合は減損処理する必要がある。減損リスクを減らすには、生産や営業面で買収効果を早期に実現する必要がある。

 キヤノンはオセを3月に連結対象にした。負債も同時に引き継いでおり、最終的に完全子会社化した場合の買収総額は1020億円程度になる見通し。のれん約900億円のうち、オセから引き継いだ分とキヤノンのオセ買収で新たに発生した分との内訳は非公表。

 オセのバランスシート(貸借対照表)上の純資産は約770億円。キヤノンは同社の貸借対照表に載っていない年金の積み立て不足なども考慮。オセの時価純資産額は貸借対照表計上額より少なく再評価した。買収額と時価純資産の差額であるのれんはその分、膨らむ計算になる。

 のれんのほかに、オセの持つ顧客名簿や特許権などを時価評価して無形固定資産に計上した。計上額は500億円程度で、こちらは一定年数で償却する。償却年数は未定だが、仮に5~10年で償却すれば年間で50億~100億円程度の減益要因となる。

 大型印刷機の販売不振やリストラ費用で、オセの2010年3~5月期の連結最終損益は9570万ユーロ(約102億円)の赤字となった。最終赤字は5四半期連続。キヤノンはオセと商品の相互供給に加え、今後、生産や営業拠点の統廃合なども検討中。買収による相乗効果でオセの収益力が高まり、減損は回避できると見ている。

 ▼のれん M&A(合併・買収)では、ブランド力など厳密に評価しづらい価値を考慮してプレミアムを上乗せした金額を支払うことが多い。買収金額と、時価評価した純資産との差額を「のれん」と呼ぶ。現在の日本の会計基準では一定年数で償却(=費用計上)する。米国会計基準では償却しないが、毎期ごとに評価を見直し、価値が著しく低下していれば減損処理する。

(蘭オセ社買収の「のれん」、キヤノン900億円計上、年金積み立て不足などで拡大。
2010/08/28  日本経済新聞 朝刊)

   +++iPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛 グーグルフォン 長崎県知事 町田市長 舛添要一 椿鬼奴 球団 キャンプ 不倫

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」
より、「のれんの事後測定」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Other IFRSs that provide guidance on subsequent measurement
and accounting (application of paragraph 54)
B63 Examples of other IFRSs that provide guidance on subsequently measuring and accounting for assets acquired and liabilities assumed or incurred in a business combination include:
(a) IAS 38 prescribes the accounting for identifiable intangible assets acquired in a business combination. The acquirer measures goodwill at the amount recognised at the acquisition date less any accumulated impairment losses. IAS 36 Impairment of Assets prescribes the accounting for impairment losses.

【訳】
事後の測定および会計処理に関する指針を与える他の基準
(第54項の適用)

B63 企業結合によって取得した資産、
および引き継いだまたは発生した負債の
事後的な測定および会計処理に関する指針を定める
他の基準の例には、以下のものがある。
(a) IAS第38号「無形資産」は、
企業結合で取得した識別可能な無形資産の会計処理を規定している。
取得企業はのれんを、
取得日に認識した金額から減損損失累計額を控除した金額で測定する。
IAS第36号「資産の減損」は、減損損失の会計処理を規定している。

IAS第36号「資産の減損 (Impairment of Assets)」には、
「のれんを含む現金生成単位の減損テスト」に関する規定があります。

【原文】karaoke
90 A cash-generating unit to which goodwill has been allocated shall be tested for impairment annually, and whenever there is an indication that the unit may be impaired, by comparing the carrying amount of the unit, including the goodwill, with the recoverable amount of the unit. If the recoverable amount of the unit exceeds the carrying amount of the unit, the unit and the goodwill allocated to that unit shall be regarded as not impaired. If the carrying amount of the unit exceeds the recoverable amount of the unit, the entity shall recognise the impairment loss in accordance with paragraph 104.

【訳】
第90項 のれんが配分された現金生成単位は、
毎期、および減損の兆候がある場合には随時、
のれんを含む当該単位の簿価と回復可能価額を比較することによって、
減損テストを行わなければならない。

当該単位の回復可能価額が帳簿価額を上回る場合には、
当該単位とのれんは減損していないものとみなされる。

当該単位の帳簿価額が回復可能価額を上回る場合には、
企業は第104項にしたがって、減損損失を認識しなければならない。

なお、上の新聞記事に、
会計基準変更に伴って米子会社のれん代償却も計上した」とあるのは、
平成20 年4 月1 日以後開始する
(セブン&アイのように2月決算の場合は平成22年2月期からの)
連結会計年度に係る連結財務諸表から適用される、実務対応報告第18 号
「連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い」

(企業会計基準委員会、平成22 年2 月19 日改正)の以下の規定によるものです。

当面の取扱い
 在外子会社の財務諸表が、国際財務報告基準又は米国会計基準に準拠して作成されている場合には、当面の間、それらを連結決算手続上利用することができるものとする。
 その場合であっても、次に示す項目については、当該修正額に重要性が乏しい場合を除き、連結決算手続上、当期純利益が適切に計上されるよう当該在外子会社の会計処理を修正しなければならない。
(1) のれんの償却
在外子会社におけるのれんは、連結決算手続上、その計上後20 年以内の効果の及ぶ期間にわたって、定額法その他の合理的な方法により規則的に償却し、当該金額を当期の費用とするよう修正する。(一部略)

なお、日本の会計基準ではのれんを償却しますが、
のれんは、他の固定資産と同様に減損の対象にもなっています
「固定資産の減損に係る会計基準」、および
企業会計基準適用指針第6号「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」
を参照)。

■きょうの単語
prescribe [priskra'ib] 【他動】 命じる、規定する

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポンタ Tポイント ローソン ファミリーマート ゲオ カルチュア・コンビニエンス・クラブ 昭和シェル石油 新日本石油 日本ケンタッキー・フライド・チキン ドトールコーヒー すかいらーく サカイ引越センター アートコーポレーションiPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛和夫 グーグルフォン 徴兵制 コラーゲン 篠原涼子 事業仕分け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日清粉G、純利益上振れ、今期、2社の完全子会社化で。

IFRS
 日清製粉グループ本社の2011年3月期は、上場子会社2社の完全子会社化が4億円程度の純利益増加要因になりそうだ。現在実施しているTOB(株式公開買い付け)の成立で、これまで少数株主利益として社外に流出していた分を取り込むことが寄与する。このほか、2社のTOB価格は1株純資産を下回っており、負ののれん代が発生する可能性もある。

 日清粉Gが完全子会社化を目指しているのはオリエンタル酵母工業とNBCメッシュテックの2社。現在、酵母工は日清粉Gが約42%、NBCは日清粉Gやグループ会社が約47%の株式を保有する。

 10年3月期の酵母工の純利益は17億円だったが、このうち約10億円が少数株主利益。完全子会社化で、今下期の2社の純利益見通しのうち、少数株主利益分の約4億円強が連結業績に取り込まれるもようだ。

 酵母工のTOB価格800円は10年6月末の同社の1株純資産(821円)を下回る。NBCのTOB価格1395円も1株純資産(1972円)より低い。このため、負ののれん代の償却を特別利益に計上する可能性がある。

(日清粉G、純利益上振れ、今期、2社の完全子会社化で。
2010/08/25  日本経済新聞 朝刊)

   +++IFRS 枝野幸男 中島美嘉 iPad ユニクロ 綾瀬はるか さっぽろ雪まつり 石川議員 亀田大毅

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」より、
「廉価取得」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Bargain purchases
34 Occasionally, an acquirer will make a bargain purchase, which is a business combination in which the amount in paragraph 32(b) exceeds the aggregate of the amounts specified in paragraph 32(a). If that excess remains after applying the requirements in paragraph 36, the acquirer shall recognise the resulting gain in profit or loss on the acquisition date. The gain shall be attributed to the acquirer.

【訳】
廉価取得(割安購入)
第34項 取得企業は、廉価取得、すなわち、
第32項(b)の金額(=取得に要した額)

第32項(a)に特定する金額の合計(=取得した企業の純資産額)
を超えるような
企業結合を実施することがある。

第36項(=取得した企業の純資産額の見直し)の定めを適用した後も
なお、その超過が残る場合には、
取得企業は、結果として生じた利得を、
取得日に純損益として認識する。

その利得は取得企業に帰属させなければならない。

■きょうの単語
occasionally [əke'iʒənəli] 【副】 時々、たまに、時として
exceed [ksi'ːd] 【他動】 超える、上回る
excess [ikse's] 【名】 超過分、余剰分

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無形資産評価の専門チーム、トーマツ子会社で発足。(IFRS第3号)

IFRS
大手監査法人トーマツの子会社で、M&A(合併・買収)などの助言業務を手掛けるデロイトトーマツFAS(東京・千代田)は無形資産を評価する専門チームを近く発足させる。当初は20人体制で、3年後に50人に増やす計画。M&A会計基準の改正で、買収時に取得する無形資産の評価が日本の企業に義務付けられたことに対応する。

M&A会計基準の改正で、10年4月以降の案件から、買収額と時価純資産の差額をのれんとして一括計上していた会計処理を変更商標権や特許権、顧客リストなどの無形資産をのれんと区別して評価、資産計上することが義務付けられた。

トーマツFASは「日本も欧米並みに無形資産を評価するインフラが必要になる」(福島和宏パートナー)とみている。

(無形資産評価の専門チーム、トーマツ子会社で発足。
2010/06/05  日本経済新聞 朝刊)

   +++朝青龍引退 プリウス リコール iPad 石川遼 アバター キリン サントリー アンタッチャブル エンゼルバンク

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」の付録B「適用指針」より、
「企業結合により取得した無形資産の認識」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Appendix B
Application guidance

Recognising particular assets acquired and liabilities assumed
(application of paragraphs 10–13)

Intangible assets
B31 The acquirer shall recognise, separately from goodwill, the identifiable intangible assets acquired in a business combination. An intangible asset is identifiable if it meets either the separability criterion or the contractual-legal criterion.

【訳】
付録B 適用指針
特定の取得した資産および引き継いだ負債の認識
(第10項から第13項までの適用)

無形資産
B31 取得企業は、企業結合により取得した識別可能な無形資産を、
のれんと区別して認識しなければならない。
無形資産は、分離可能性規準または契約法律規準の
いずれかを満たす場合に識別可能と言える。

■きょうの単語
combination [kɑ`mbəne'iʃn] 【名】 組み合わせ、結合

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のれん代の償却(IFRS第3号)

IFRS ニューヨークバーガー タニマチ 高砂親方 朝青龍 引退 iPad ラジオサーバー
国際会計基準(IFRS)は企業のM&A(合併・買収)戦略を加速させそうだ。買収された側の企業の時価純資産額(時価評価した資産総額から負債総額を引いた額)と、買収した側が支払った額の差額である「のれん代」を償却しなくて済むからだ。

M&Aにおける買収額は、一般的に買収される企業が将来生み出すであろう収益やブランド価値を反映したいわゆる「プレミアム」が上乗せされ、時価純資産額を上回ることが多い。伝統的に営業権を意味する「のれん」という言葉を使うのは、こうした付加価値がM&Aの対象だからだ。

日本基準ではのれん代は買収にかかったコストと見なし、20年以内で規則的に償却する必要がある。

時価純資産500億円の企業を買収するのに600億円投じた場合、差額の100億円について5億円ずつ毎年償却していく。その分、毎年の利益は目減りする。

IFRSはのれんの価値は減らないとの立場をとる。企業は事業を継続することで収益力やブランド価値が増していくという考え方だ。買収時に資産計上したのれん代を償却する必要はない。企業の利益はその分押し上げられ、買収効果はすぐに収益に表れる。

日本基準では一般にのれん代の償却費が本業の収益を圧迫するため、買収規模に一定の歯止めがかかりやすい。IFRSではM&Aを繰り返しながら成長する戦略がとりやすくなる。

注意が必要なのは、のれん代として適用できる範囲が異なる点だ。日本基準では、買収にかかる弁護士費用や資産査定の費用も取得原価としてのれん代に含められる。IFRSでは、その年度に発生した費用として買収する側の企業が処理する。

IFRSではこうして算出した時価純資産額を上回る金額で買った付加価値とは何なのかを明確にする。そのため、価値の劣化が起きていないか毎年最低1回は「減損テスト」を実施し、厳格にチェックすることが求められる。収益力が悪化するなど、のれんの価値が低下していると認められた場合は減損処理しなければならない。

日本基準でも大幅に価値が下落した場合は減損対象となるが、毎年償却していくので一度に大きな減損損失が発生する可能性は高くない。しかし、IFRSでは買収時ののれん代が存続するため、見込み違いが起きれば巨額の減損損失が発生するリスクもある。

(国際会計基準経営を変える――のれん代の償却(マンスリー編集特集)
2010/03/19  日経産業新聞)

   +++

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」
巻末「結論の背景 (Basis for Conclusions)」より、
「のれんの事後測定」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Other IFRSs that provide guidance on subsequent measurement
and accounting (application of paragraph 54)
B63 Examples of other IFRSs that provide guidance on subsequently measuring and accounting for assets acquired and liabilities assumed or incurred in a business combination include:
(a) IAS 38 prescribes the accounting for identifiable intangible assets acquired in a business combination. The acquirer measures goodwill at the amount recognised at the acquisition date less any accumulated impairment losses. IAS 36 Impairment of Assets prescribes the accounting for impairment losses.

【訳】
事後の測定および会計処理に係る指針を提供する他の基準
(54項の適用)
B63 企業結合において取得した資産、および
引き継いだ、あるいは発生した負債に関する
事後の測定や会計処理に係る指針を提供する他の基準には、
例えば以下のものがある。

(a) IAS第38号「無形資産」は、企業結合によって取得した
識別可能な無形資産の会計処理を規定している。

取得企業は取得日に認識した金額から
減損損失累計額を控除した金額で
のれんを測定する。

IAS第36号「資産の減損」は、減損損失の会計処理を規定している。

■きょうの単語
subsequent [sʌ'bsəkwənt] 【形】 次の、後の、事後の

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月開始の新ルール、会計基準こう変わる、M&Aの処理。(IFRS第3号)

IFRS
M&Aの処理

「のれん」を計上

M&A(合併・買収)などの際の処理を定める企業結合会計基準では、2つの方法が一定の条件の下で認められていた。買い手企業が相手の資産や負債を時価評価した上で引き継ぐ「パーチェス法」と、どちらの企業が買い手なのか特定せず、両社の資産や負債を簿価のまま合算する「持ち分プーリング法」だ。

新基準では持ち分プーリング法が廃止された。例えば、相手企業の時価純資産と簿価純資産の差益(含み益)を貸借対照表に計上しなくて済み、「対等合併」をうたう事例などで用いられてきたが、今後はそうはいかなくなる。時価評価の徹底とともに、会計上は買収企業が主導する経営がより鮮明になる。

買収価格が時価純資産を下回ると割安に取得したことになるが、その差額である「負ののれん」は利益として扱われる。従来は20年以内の複数年に分けて利益を計上していたが、新基準では特別利益に一括計上する。

被買収企業が持つ研究開発の途中段階の成果である「仕掛かり研究開発費」は、買収時に一括して費用処理しなければならなかった。武田薬品工業は09年3月期に米製薬のミレニアム・ファーマシューティカルズの買収などに伴い、仕掛かり研究開発費1635億円を計上。大幅減益の一因となった。新基準では無形資産として計上できる。

(今月開始の新ルール、会計基準こう変わる、資産除去債務、セグメント、M&Aの処理。
2010/04/06  日経産業新聞)

   +++

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」より、
「測定原則」を引用します。

【原文】karaoke
The acquisition method
Recognising and measuring the identifiable assets
acquired, the liabilities assumed and any non-controlling
interest in the acquiree
Measurement principle
18 The acquirer shall measure the identifiable assets acquired and the liabilities assumed at their acquisition-date fair values.

【訳】
取得法
取得した識別可能資産、引き継いだ負債および被取得企業の非支配持分の
認識および測定
測定原則
第18項 取得企業は、取得した識別可能資産および引き継いだ負債を、
取得日の公正価値で測定しなければならない。

■きょうの単語
assume [əsju'ːm] 【他動】 ~を引き継ぐ、肩代わりする

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

IAS第01号「財務諸表の表示」 | IAS第02号「棚卸資産」 | IAS第07号「キャッシュ・フロー計算書」 | IAS第08号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」 | IAS第10号「後発事象」 | IAS第11号「工事契約」 | IAS第12号「法人所得税」 | IAS第16号「有形固定資産」 | IAS第17号「リース」 | IAS第18号「収益」 | IAS第19号「従業員給付」 | IAS第21号「外貨換算」 | IAS第24号「関連当事者についての開示」 | IAS第27号「連結及び個別財務諸表」 | IAS第28号「関連会社への投資」 | IAS第32号「金融商品: 表示」 | IAS第33号「1株当たり利益」 | IAS第34号「期中財務報告」 | IAS第36号「資産の減損」 | IAS第37号「引当金、偶発債務及び偶発資産」 | IAS第38号「無形資産」 | IAS第39号「金融商品: 認識及び測定」 | IAS第40号「投資不動産」 | IFRIC第01号「廃棄、原状回復及びそれらに類似する既存の負債の変動」 | IFRIC第13号「カスタマー・ロイヤルティ・プログラム」 | IFRS前文 | IFRS第10号「連結財務諸表」 | IFRS第1号「初度適用」 | IFRS第2号「株式報酬」 | IFRS第3号「企業結合」 | IFRS第8号「事業セグメント」 | IFRS第9号「金融商品」 | SIC第12号「連結──特別目的事業体」 | 「経営者の説明」 | 中小企業版IFRS | 国際財務報告基準 (IFRS) | 学問・資格 | 米SECロードマップ案 | 経済・政治・国際 | 英語