« コクヨの11年12月期、特損64億円 のれん代一括償却などで | トップページ | JFE、持ち分法利益拡大 来期50億円の増益要因に(IAS28号) »

小売り大手、ポイント制度の縮小が利益押し上げ(IFRIC13号)

IFRS
顧客の購入額に応じてポイントを付与する制度の見直しが、高島屋など小売り大手の2011~12年度の連結営業利益を押し上げる一因となりそうだ。小売り各社は固定客作りを目指して、ポイント付与制度を相次ぎ導入した。だが集客力の向上効果には差が出ており、販売が減速すると業績の重荷になる例もあった。

高島屋は2月1日から顧客がクレジットカードの「タカシマヤカード」を利用して食品を購入した際に付与するポイントを、購入金額の8%から1%に縮小する。年間で連結営業利益を26億円程度押し上げる効果が出る見通しで、13年2月期以降の貢献が大きい。

12年2月期はポイント付与で計上するポイント費用が152億円と前期比横ばいを見込む。今期の予想連結営業利益に占めるポイント費用の比率は76%と、ライバルで「大丸」と「松坂屋」を運営するJ・フロントリテイリング(5割程度)を上回る。高島屋以外の大手百貨店も食料品のポイント付与率は1%以下が多く、「引き下げても、競争上の影響は小さい」(高島屋の鈴木弘治社長)と判断した。

書籍など中古品販売のブックオフコーポレーションは、12年3月期に3億6000万円の営業増益効果を見込む。今期の予想営業利益の1割にあたる。映像・音楽ソフトレンタルの「TSUTAYA」などが提供する「Tカード」向けのポイント付与サービスを10年9月末で廃止した。

家電量販大手のビックカメラでは、11年9~11月期のポイント費用が前年同期(約110億円)に比べ数十億円減少したもようだ。一般的な商品の最大2倍程度に当たる10~20%のポイントを付与する薄型テレビの販売が、昨年7月に地上デジタル放送に移行した後は急減したため。家電量販店は家電エコポイント制度の廃止もあって販売が減速しており、関連費用の減少が利益を下支えしそうだ。

(小売り大手、ポイント制度の縮小が利益押し上げ
高島屋、年26億円に ブックオフは3億6000万円
2012/01/05  日本経済新聞 朝刊)

   +++iPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛 グーグルフォン 長崎県知事 町田市長 舛添要一 椿鬼奴 球団 キャンプ 不倫

■国際会計基準では

IFRIC第13号「カスタマー・ロイヤルティ・プログラム
(Customer Loyalty Programmes)」

より、「ポイントの公正価値の測定」に関する記載を引用します。

【原文】karaoke
Consensus
5 An entity shall apply paragraph 13 of IAS 18 and account for award credits as a separately identifiable component of the sales transaction(s) in which they are granted (the ‘initial sale’). The fair value of the consideration received or receivable in respect of the initial sale shall be allocated between the award credits and the other components of the sale.

【訳】
合意事項
第5項 企業は、
IAS第18号「収益認識」の第13項(取引の分離識別)を適用して、
報奨単位(ポイント)が付与されるような販売取引(『当初販売』と言う。)
に関し、ポイントを、分離して識別可能な構成要素として
会計処理しなければならない。

すなわち、当初販売に関して
受け取ったあるいは受け取ることができる対価の公正価値は、
ポイントと販売のその他の構成要素との間で配分しなければならない。

【原文】karaoke
6 The consideration allocated to the award credits shall be measured by reference to their fair value, ie the amount for which the award credits could be sold separately.

【訳】
第6項 ポイントに配分された対価は、その公正価値、
すなわちそのポイントを分離して販売したと仮定した場合の金額
を参照することにより測定しなければならない。

【原文】karaoke
Appendix
Application guidance
This appendix is an integral part of the Interpretation.
Measuring the fair value of award credits

AG1 Paragraph 6 of the consensus requires the consideration allocated to award credits to be measured by reference to their fair value, ie the amount for which the award credits could be sold separately. If the fair value is not directly observable, it must be estimated.

【訳】
付録
適用指針
この付録は、「解釈指針」の統合された一部分である。

ポイントの公正価値の測定

AG1 合意事項の第6項は、その公正価値、すなわち、
仮にポイントを分離して販売したと仮定した場合の金額を参照して、
対価をポイントに配分することを求めている。
公正価値が直接観察可能でない場合には、見積もらなければならない。

【原文】karaoke
AG2 An entity may estimate the fair value of award credits by reference to the fair value of the awards for which they could be redeemed. The fair value of these awards would be reduced to take into account:
(a) the fair value of awards that would be offered to customers who have not earned award credits from an initial sale; and
(b) the proportion of award credits that are not expected to be redeemed by customers.
If customers can choose from a range of different awards, the fair value of the award credits will reflect the fair values of the range of available awards, weighted in proportion to the frequency with which each award is expected to be selected.

【訳】
AG2 企業は、ポイントと交換される特典の公正価値を参照して、
ポイントの公正価値を見積もることができる。
特典の公正価値は、以下のものを考慮して減額される。
(a) 当初販売のポイントをもらっていなかった顧客に対して与えられる
 特典の公正価値
(b) 顧客によって交換されることが見込まれないポイントの割合
顧客が、いろいろな特典から選択できる場合、
ポイントの公正価値は、入手可能な特典の公正価値を、
それぞれの特典が選択される頻度で重み付けたものを反映する。

【原文】karaoke
AG3 In some circumstances, other estimation techniques may be available. For example, if a third party will supply the awards and the entity pays the third party for each award credit it grants, it could estimate the fair value of the award credits by reference to the amount it pays the third party, adding a reasonable profit margin. Judgement is required to select and apply the estimation technique that satisfies the requirements of paragraph 6 of the consensus and is most appropriate in the circumstances.

【訳】
AG3 他の見積技法が利用可能な状況も考えられる。
たとえば、ある第三者が特典を提供し、
企業が、自身が付与したポイントの対価をその第三者に支払うような場合、
その第三者に支払う金額に適正な利ざやを上乗せした金額を参照して
ポイントの公正価値を見積もることができる。
合意事項第6項の要件を満たし、かつ、
その状況で最適な見積技法を選択・適用するには判断が必要になる。

※ 当初の販売時には、上記の指針にしたがって、
 受け取った対価を、販売した商品とポイントに配分した上で、

(借)現 金 1000 (貸)売 上   920
             繰延収益  80

のように処理します。

(上の仕訳例は、1000円の商品を販売した際、
10%=100円分のポイントを発行し、
その8割が特典と引き換えられることが見込まれるケース)

当初販売時には、ポイント分を差し引いて売上を計上するところがポイントです。

■きょうの単語
award [əwɔ'ːrd] 【名】 賞、賞品、賞金
consideration [kənsi`dəre'iʃn] 【名】 報酬、対価
by reference to ~を参照することにより

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« コクヨの11年12月期、特損64億円 のれん代一括償却などで | トップページ | JFE、持ち分法利益拡大 来期50億円の増益要因に(IAS28号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269050/43665598

この記事へのトラックバック一覧です: 小売り大手、ポイント制度の縮小が利益押し上げ(IFRIC13号):

« コクヨの11年12月期、特損64億円 のれん代一括償却などで | トップページ | JFE、持ち分法利益拡大 来期50億円の増益要因に(IAS28号) »