« 住友化学、のれん相当額の戻し入れ益281億円計上(IAS36号) | トップページ | IASB議長「日本基準、IFRSに接近」 企業会計基準、10以上の項目で共通化 »

三菱地所、東京・赤坂のオフィスビル取得 米ファンドから900億円で(SIC12号)

IFRS
三菱地所は東京・赤坂にあるオフィスビルやホテルなどを米系ファンドのローンスターから取得した。取得総額は900億円規模とみられ、このほど手続きを終えた。東日本大震災の影響もあってオフィスビル市場の先行きは不透明になっているが、都心の好立地ビルは中長期で収益を押し上げると判断した。

国際新赤坂ビル(東京・港)の東館と西館、隣接地にあるホテルの3棟と空き地を含む土地について、三菱地所が出資する特別目的会社(SPC)を通じて買収 した。国際新赤坂ビルは東館が地上24階建て、西館が同18階建て。延べ床面積は合計で約8万平方メートル。現在は総合商社、双日の本社などが入居している。

ローンスターは2004年に国際自動車から国際新赤坂ビルをはじめ近隣にある複数のビルを取得し、自社で運用する不動産ファンドに組み入れていた。

双日は12年夏をめどに本社を東京都千代田区のビルに移転する予定。三菱地所は双日の移転後に、需給を見極めながら現在の建物を取り壊したうえで最新設備を持つ大規模ビルへの建て替えも視野に入れ、活用法を検討する見通しだ。

福島第1原子力発電所の事故で外資系企業を中心に本社機能を関西などに移す動きが表面化、東京都心部のオフィスは需要が細る可能性がある。ただ好立地のビルには底堅い需要があるとの見方もあり、需要の二極化が一段と進むとみられる。

震災前の10日時点で上場不動産投資信託(REIT)の公募増資による資金調達額は1~3月期に1456億円となる見通しだった。不動産取得の動きが広がり、四半期で過去最高の05年7~9月期(1499億円)に迫るなど、市況改善の期待も高まっていた。

(三菱地所、東京・赤坂のオフィスビル取得 米ファンドから900億円で
2011/3/28付 日本経済新聞 夕刊

   +++

■国際会計基準では

SIC解釈指針第12号「連結──特別目的事業体
(Consolidation—Special Purpose Entities)」
の合意事項 (Consensus) より引用します。

【原文】karaoke
9 In the context of an SPE, control may arise through the predetermination of the activities of the SPE (operating on ‘autopilot’) or otherwise. IAS 27.13 indicates several circumstances which result in control even in cases where an entity owns one half or less of the voting power of another entity. Similarly, control may exist even in cases where an entity owns little or none of the SPE’s equity. The application of the control concept requires, in each case, judgement in the context of all relevant factors.

【訳】
第9項 特別目的会社 (SPE) においては、支配は、
SPEの活動の事前決定(「自動操縦」による運営)その他を通して

生じることがある。
IAS第27号「連結及び個別財務諸表」第13項には、

他の企業の議決権の半分以下しか所有していない場合であっても
支配を生じるいくつかの状況が示されている。
同様に、支配は、企業がSPEの持分をほとんどあるいは全く
所有しない場合であっても生じうる。
支配概念の適用にあたっては、それぞれのケースにおいて、
その状況の中で、関連するすべての要素を判断することが求められる。

■きょうの単語
context [kɑ'ntekst] 【名】 文脈、前後関係、状況、事情
predetermination 【名】 予定、事前決定
autopilot 【名】 自動操縦

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 住友化学、のれん相当額の戻し入れ益281億円計上(IAS36号) | トップページ | IASB議長「日本基準、IFRSに接近」 企業会計基準、10以上の項目で共通化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269050/39491270

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱地所、東京・赤坂のオフィスビル取得 米ファンドから900億円で(SIC12号):

» 安心米をおいしく食べよう [安心米お探しblog]
安心 してお 米 をいただくためにお 米 のことを少し勉強してみましょう。米 は、日本だけでなく世界中で作られています。だから、輸入 米 などもあるのです。そのなかで 安心 して食べられる 米 を見分けなければなりません。日本人が好きで 安心 して食べられるジャポニカ 米ジャポニカ 米 を生産している国は、中国、韓国、北朝鮮、台湾、アメリカなどです。アジア以外でアメリカが含まれているのは、日本などの 米 を主食としている国への輸出のために栽培されているからです。ここで、安心 ..... [続きを読む]

受信: 2011年4月 7日 (木) 12時58分

« 住友化学、のれん相当額の戻し入れ益281億円計上(IAS36号) | トップページ | IASB議長「日本基準、IFRSに接近」 企業会計基準、10以上の項目で共通化 »