« 繰り延べ税金資産 取り崩せば最終損益悪化(IAS12号) | トップページ | 三菱地所、東京・赤坂のオフィスビル取得 米ファンドから900億円で(SIC12号) »

住友化学、のれん相当額の戻し入れ益281億円計上(IAS36号)

IFRS 朝青龍 引退 アバター iPad ラジオサーバー プリウス
住友化学は31日、2011年1~3月期に連結ベースで一時償却したのれん相当額の戻し入れ益281億円を計上すると発表した。昨年4月に20%出資した豪農薬大手、ニューファーム社の株価が回復したため。10年4~12月期決算では保有するニューファーム株の下落に伴い、持ち分法による投資損失281億円を特別損失に計上していた。

((短信)住友化学、戻し入れ益281億円計上 2011/4/1付 日本経済新聞 朝刊)

   +++

■国際会計基準では

IAS第36号「資産の減損 (Impairment of Assets)」より、
「のれんの減損の戻し入れ」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Reversing an impairment loss

Reversing an impairment loss for goodwill

124 An impairment loss recognised for goodwill shall not be reversed in a subsequent period.

【訳】
減損損失の戻し入れ
のれんの減損損失の戻し入れ

第124項 のれんに認識された減損損失は、
以後の期間において戻し入れてはならない。

【原文】karaoke
125 IAS 38 Intangible Assets prohibits the recognition of internally generated goodwill. Any increase in the recoverable amount of goodwill in the periods following the recognition of an impairment loss for that goodwill is likely to be an increase in internally generated goodwill, rather than a reversal of the impairment loss recognised for the acquired goodwill.

【訳】
第125項 IAS第38号「無形資産」は、
自己創設のれんの認識を禁じている。
のれんの減損損失を認識した期以降の期間における
のれんの回復可能価額の増加は、
取得したのれんについて認識した減損損失の戻し入れというよりは、
自己創設のれんの増加であることが多い。

■きょうの単語
subsequent [sʌ'bsəkwənt] 【形】 次の、後の

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 繰り延べ税金資産 取り崩せば最終損益悪化(IAS12号) | トップページ | 三菱地所、東京・赤坂のオフィスビル取得 米ファンドから900億円で(SIC12号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269050/39466064

この記事へのトラックバック一覧です: 住友化学、のれん相当額の戻し入れ益281億円計上(IAS36号):

« 繰り延べ税金資産 取り崩せば最終損益悪化(IAS12号) | トップページ | 三菱地所、東京・赤坂のオフィスビル取得 米ファンドから900億円で(SIC12号) »