« 東京ドーム11年1月期、2期連続赤字で4期ぶり無配(IAS12号) | トップページ | 自動車各社、欧州で苦戦 トヨタ・ホンダは営業赤字(IFRS8号) »

新会計基準草案、「なじまない」7割 リース事業協会が調査

リース事業協会は7日、国際会計基準審議会(IASB)がまとめた新たなリース会計基準の草案について、リース利用企業を対象に実施した調査(171社が対象)を公表した。草案がすべてのリース契約を貸借対照表に反映させる方向を示したのに対し、調査企業の約7割が「オペレーティングリース」と呼ばれる一部の取引のオンバランス処理を「なじまない」と回答した。

都内で会見したリース事業協会の小幡尚孝会長(三菱UFJリース会長)は「大多数の企業が新リース会計基準について強い懸念を持っている」と述べた。

調査を踏まえてリース事業協会は国内のリース会計基準の維持などを盛り込んだ意見書を作成。同日、国内の会計基準づくりを担う企業会計基準委員会(ASBJ)に提出した。

(新会計基準草案、「なじまない」7割 リース事業協会が調査 
2011/03/08  日本経済新聞 朝刊)

   +++

■国際会計基準では

国際会計基準審議会 (IASB) と米財務会計基準審議会 (FASB) が公表した、
公開草案(Exposure Draft ED/2010/9)「リース (Leases)」(2010年8月)(日本語訳
へのコメントは、昨年12月15日が期限となっていました。

【原文】karaoke
Changes to lessee accounting
IFRSs and US GAAP classify leases into two categories: finance leases and
operating leases. Lessees would be most affected if they have a significant
portfolio of assets held under operating leases, especially those with leases of property. At present, IFRSs and US GAAP account for the lease payments arising from operating leases by recognising them in the period in which they occur. The proposals would require lessees to recognise the assets and liabilities arising from those leases.

【訳】
借手の会計処理の変更
IFRS とUS GAAP はリースを2 つの区分に分類している。ファイナンス・リースとオペレーティング・リースである。借手が最も影響を受けるのは、オペレーティング・リース(特に不動産に関するもの)で保有している資産のポートフォリオが重要な場合である。現在、IFRS とUS GAAP は、オペレーティング・リースから生じるリース料を、発生した期間に認識している。この提案は、オペレーティング・リースに係るリース資産及びリース負債の認識を借手に求めることとなる。

■きょうの単語
classify [klæ'səfa`i] 【他動】 ~を分類する

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 東京ドーム11年1月期、2期連続赤字で4期ぶり無配(IAS12号) | トップページ | 自動車各社、欧州で苦戦 トヨタ・ホンダは営業赤字(IFRS8号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269050/39164758

この記事へのトラックバック一覧です: 新会計基準草案、「なじまない」7割 リース事業協会が調査 :

« 東京ドーム11年1月期、2期連続赤字で4期ぶり無配(IAS12号) | トップページ | 自動車各社、欧州で苦戦 トヨタ・ホンダは営業赤字(IFRS8号) »