« 企業・家計 拭えぬ不安 つなぎ法案で3月末混乱回避 法人税下げは困難 (IAS12号) | トップページ | リース会計のIFRS基準案、産業界で警戒感広がる 見かけの資産効率悪化も(IAS17号) »

製薬大手の海外M&A活発に 第一三共、即戦力を獲得 武田、将来への種まき型 負担と効果のバランス重要(IFRS3号)

IFRS
積極的な海外M&A(合併・買収)に乗り出している製薬大手。主力薬の米国での特許切れなど収益環境の変化に対応した動きだが、買収戦略といっても貢献のあり方は異なる。ここへきて目立つようになったのが、足元業績への貢献型と将来への種まき型の違いだ。

エーザイは3日、2012年3月期からの5カ年計画を発表した。内藤晴夫社長は「5年以内に世界の医薬品売上高上位20カ国に自前の販売網を築く」と宣言。16年3月期までに女性向け抗がん剤の世界大手になるとの目標も表明した。乳がんや卵巣がんなどの治療薬を世界で拡販する。

柱の一つに据えるがん関連事業だが、米国では08年に本格参入したばかり。きっかけは米MGIファーマの買収(後に吸収合併)だった。抗がん剤の副作用による吐き気を抑える薬など有力製品を入手。11年3月期は連結最終利益を80億円前後押し上げる要因になる。

第一三共は08年に買収したインドのランバクシー・ラボラトリーズが足元の業績に貢献する。米国でヘルペス治療薬や認知症薬「アリセプト」の後発薬を拡販し、10年12月期に3億2700万ドル(約270億円)の純利益を稼ぎ出した。

買収直後は品質問題などもあって連結業績の重荷だったが、いまやけん引役のひとつ。のれん代償却などの影響を除くと第一三共の今期純利益を約100億円押し上げ るとみられ、純利益全体(700億円)の14%をランバクシーから得る。

一方、新薬の開発力向上が主な目的のM&Aは収益貢献に時間がかかる。08年に米ミレニアム・ファーマシューティカルズを傘下に収めた 武田薬品工業は、無形固定資産の償却などで今期業績に360億円前後の減益 影響を受ける。昨年に米OSIファーマシューティカルズを子会社化した アステラス製薬も、無形固定資産償却などが190億円前後の減益 要因となりそうだ。

買収をテコに事業の芽を育てる取り組みは進みつつある。武田は買収直前に患者を対象とする臨床試験(第2相治験)以降の段階にあった抗がん剤が2品目。ミレニアムの新薬候補や開発ノウハウを活用し現在は7品目に増加した。アステラスも抗がん剤3品目をOSIから入手。開発に成功すれば特許切れ薬に続く収益源となる。

貢献の形が見え始めた海外M&Aだが「海外の製薬大手などと競り合った結果、割高な価格で買収したケースもある」(国内証券)。買収負担と効果のバランスを継続的に検証し、決断の正当性を市場に示していくことが必要だ。

(製薬大手の海外M&A活発に
第一三共、即戦力を獲得 武田、将来への種まき型 負担と効果のバランス重要 
2011/3/11付 日本経済新聞 朝刊 )

   +++iPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛 グーグルフォン 長崎県知事 町田市長 舛添要一 椿鬼奴 球団 キャンプ 不倫

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」
より、「のれんの事後測定」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Other IFRSs that provide guidance on subsequent measurement
and accounting (application of paragraph 54)
B63 Examples of other IFRSs that provide guidance on subsequently measuring and accounting for assets acquired and liabilities assumed or incurred in a business combination include:
(a) IAS 38 prescribes the accounting for identifiable intangible assets acquired in a business combination. The acquirer measures goodwill at the amount recognised at the acquisition date less any accumulated impairment losses. IAS 36 Impairment of Assets prescribes the accounting for impairment losses.

【訳】
事後の測定および会計処理に関する指針を与える他の基準
(第54項の適用)

B63 企業結合によって取得した資産、
および引き継いだまたは発生した負債の
事後的な測定および会計処理に関する指針を定める
他の基準の例には、以下のものがある。
(a) IAS第38号「無形資産」は、
企業結合で取得した識別可能な無形資産の会計処理を規定している。
取得企業はのれんを、
取得日に認識した金額から減損損失累計額を控除した金額で測定する。
IAS第36号「資産の減損」は、減損損失の会計処理を規定している。

IAS第36号「資産の減損 (Impairment of Assets)」には、
「のれんを含む現金生成単位の減損テスト」に関する規定があります。

【原文】karaoke
90 A cash-generating unit to which goodwill has been allocated shall be tested for impairment annually, and whenever there is an indication that the unit may be impaired, by comparing the carrying amount of the unit, including the goodwill, with the recoverable amount of the unit. If the recoverable amount of the unit exceeds the carrying amount of the unit, the unit and the goodwill allocated to that unit shall be regarded as not impaired. If the carrying amount of the unit exceeds the recoverable amount of the unit, the entity shall recognise the impairment loss in accordance with paragraph 104.

【訳】
第90項 のれんが配分された現金生成単位は、
毎期、および減損の兆候がある場合には随時、
のれんを含む当該単位の簿価と回復可能価額を比較することによって、
減損テストを行わなければならない。

当該単位の回復可能価額が帳簿価額を上回る場合には、
当該単位とのれんは減損していないものとみなされる。

当該単位の帳簿価額が回復可能価額を上回る場合には、
企業は第104項にしたがって、減損損失を認識しなければならない。

なお、日本の会計基準ではのれんを償却しますが、
のれんは、他の固定資産と同様に減損の対象にもなっています
「固定資産の減損に係る会計基準」、および
企業会計基準適用指針第6号「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」
を参照)。

■きょうの単語
prescribe [priskra'ib] 【他動】 命じる、規定する

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポンタ Tポイント ローソン ファミリーマート ゲオ カルチュア・コンビニエンス・クラブ 昭和シェル石油 新日本石油 日本ケンタッキー・フライド・チキン ドトールコーヒー すかいらーく サカイ引越センター アートコーポレーションiPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛和夫 グーグルフォン 徴兵制 コラーゲン 篠原涼子 事業仕分け

|

« 企業・家計 拭えぬ不安 つなぎ法案で3月末混乱回避 法人税下げは困難 (IAS12号) | トップページ | リース会計のIFRS基準案、産業界で警戒感広がる 見かけの資産効率悪化も(IAS17号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269050/39192710

この記事へのトラックバック一覧です: 製薬大手の海外M&A活発に 第一三共、即戦力を獲得 武田、将来への種まき型 負担と効果のバランス重要(IFRS3号):

« 企業・家計 拭えぬ不安 つなぎ法案で3月末混乱回避 法人税下げは困難 (IAS12号) | トップページ | リース会計のIFRS基準案、産業界で警戒感広がる 見かけの資産効率悪化も(IAS17号) »