« 大手商社、保有株を選別 (IFRS9号) | トップページ | 財務諸表の信頼性向上、中小企業導入には柔軟性必要 徐正雨氏(韓国会計基準委員会委員長) »

ファミリーマート社長 上田準二氏 純利益の海外比率は? 16年2月期に20%達成目指す

IFRS
ファミリーマートの業績が好調だ。2011年2月期の純利益は2期ぶりに過去最高を更新する見通しだ。弁当や総菜といった「中食」やチルド飲料など、利益率の高いプライベートブランド(PB=自主企画)商品が収益をけん引する。ただ国内市場は成熟しており、成長持続には海外事業の拡大が欠かせない。上田準二社長に聞いた。

――足元の販売動向はどうですか。
 「1月の既存店売上高は前年同月比3.2%増と2カ月連続で増えた。高級おにぎりや弁当など中食を中心にPB商品が好調だ。150~230円程度と比較的単価が高いチルド飲料『あじわいファミマカフェ』は過去1年で7千万本売れた。PBの販売増などで商品の売上高総利益率は0.5ポイント程度改善している」
 「昨年10月の値上げで懸念された、たばこ売上高の落ち込みも想定したほどではなかった。11月には前年並みに戻り、1月以降は2割増で推移している。既存店の1日あたり売上高を3%弱押し上げている。たばこの影響抜きでも既存店売上高はプラスに転じている」

――来期の見通しは。
 「増収、経常増益を目指す。利益率の高いPB商品へのシフトを加速し、デザート類、おにぎりを中心に品ぞろえを増やす。PBを『プレミアム・ブランド』と位置付け、高付加価値の商品に注力する。『100円ショップ』のように価格を訴求するつもりはない」

――昨年3月に買収したam/pm(エーエム・ピーエム)店のファミマ店転換は順調ですか。
 「計画を半年以上前倒しし、8月に全店の転換を完了する。転換後は商品力が高まり、1日あたり売上高が平均2割伸びている。そのため早期転換を希望するフランチャイズ店のオーナーも多い。今後もいい案件があれば、他のコンビニエンスストアを買収したい」

――海外事業の利益率引き上げが課題です。
 「国内ではどうあがいてもトップ(セブン―イレブン・ジャパン)と規模の差があるが、海外では追いつきたい。初期投資を回収して黒字化させるまで時間がかかるが、韓国と台湾は進出して10年、タイは17年でようやく収穫期に入った。新興国も経済発展で中食の販売が伸び、利益率は着実に改善している。東南アジアでは新たに進出する国を年内に決めたい」
 「連結純利益に占める海外事業の比率は今期見通しで8%。来期は12%程度に高め、16年2月期には中期目標として掲げる純利益(300億円程度)の20%を海外で稼ぐようにしたい。
従来は経常利益を経営目標にしていたが、純利益の方が海外の事業パートナーにも理解しやすいため変更 した」

ファミリーマート社長 上田準二氏 純利益の海外比率は? 
16年2月期に20%達成目指す
2011/02/23  日本経済新聞 朝刊)

   +++

■国際会計基準では

IAS第1号「財務諸表の表示 (Presentation of Financial Statements)」
より、「当期純損益」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Profit or loss for the period
88 An entity shall recognise all items of income and expense in a period in profit or loss unless an IFRS requires or permits otherwise.

【訳】
当期純損益
第88項 企業は、基準が他の方法を要求または許容しない限り、
ある期間の収益および費用のすべての項目を
純損益の中で認識しなければならない。

■きょうの単語
income [i'nkʌm] 【名】 所得、収入、収益
expense [ikspe'ns] 【名】 費用、経費、支出
profit [prɑ'fət] 【名】 利益、収益、利潤
loss [lɔ'ːs] 【名】 損失

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポンタ Tポイント ローソン ファミリーマート ゲオ カルチュア・コンビニエンス・クラブ 昭和シェル石油 新日本石油 日本ケンタッキー・フライド・チキン ドトールコーヒー すかいらーく サカイ引越センター アートコーポレーションiPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛 グーグルフォン 長崎県知事 町田市長 舛添要一 椿鬼奴 球団 キャンプ 不倫

|

« 大手商社、保有株を選別 (IFRS9号) | トップページ | 財務諸表の信頼性向上、中小企業導入には柔軟性必要 徐正雨氏(韓国会計基準委員会委員長) »

コメント

ふむ、興味深いですね。
コンビニ業界は競争が激しいので、どこまでできるかみものですよね。

投稿: 『脱サラプロブロガー』小澤竜太 | 2011年2月25日 (金) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269050/38988301

この記事へのトラックバック一覧です: ファミリーマート社長 上田準二氏 純利益の海外比率は? 16年2月期に20%達成目指す:

« 大手商社、保有株を選別 (IFRS9号) | トップページ | 財務諸表の信頼性向上、中小企業導入には柔軟性必要 徐正雨氏(韓国会計基準委員会委員長) »