« 財務諸表の信頼性向上、中小企業導入には柔軟性必要 徐正雨氏(韓国会計基準委員会委員長) | トップページ | (IFRS 視点・論点)企業間で姿勢分かれる 基準の共通化自体は必要 全米財務担当役員協会会長 マリー・ホライン氏 »

板硝子、IFRSなら今期純利益10倍に 来期の適用控え影響を試算

IFRS
日本板硝子は25日、国際会計基準(IFRS)を適用した場合の2011年3月期業績予想の試算を公表した。純利益は104億円と、日本基準(10億円)に比べて約10倍に膨らむ。IFRSでは英ガラス大手ピルキントン買収に伴うのれんの償却がなくなり、利益が押し上げられる。

板硝子は12年3月期にIFRSを早期適用する。11年3月期は、日本基準とIFRSのそれぞれの基準で作成した決算を発表する。これに先駆け今期の業績予想への影響を試算した。

日本基準とIFRSの違いの1つは、企業を買収した際に発生する「のれん」の償却。IFRSでは、買収先の価値が著しく目減りしたときに減損処理をする。板硝子の場合、日本基準で計上するのれんや一部の無形固定資産の償却がIFRSではなくなる。

前期の貸借対照表への影響も試算した。IFRSに基づく資本は1999億円と日本基準より17%少なくなる。年金の積み立て不足や資本計上していた優先株300億円を負債に計上する分、目減りする。

ただ、11年3月期には優先株をすべて買い入れ消却したほか、約400億円の増資も実施。今期以降はIFRSを適用した場合の日本基準と比べた資本の目減りは小幅にとどまりそうだ。

(板硝子、IFRSなら今期純利益10倍に 来期の適用控え影響を試算
2011/2/26付 日本経済新聞 朝刊 )

   +++iPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛 グーグルフォン 長崎県知事 町田市長 舛添要一 椿鬼奴 球団 キャンプ 不倫

■国際会計基準では

IFRS第3号「企業結合 (Business Combinations)」
より、「のれんの事後測定」に関する規定を引用します。

【原文】karaoke
Other IFRSs that provide guidance on subsequent measurement
and accounting (application of paragraph 54)
B63 Examples of other IFRSs that provide guidance on subsequently measuring and accounting for assets acquired and liabilities assumed or incurred in a business combination include:
(a) IAS 38 prescribes the accounting for identifiable intangible assets acquired in a business combination. The acquirer measures goodwill at the amount recognised at the acquisition date less any accumulated impairment losses. IAS 36 Impairment of Assets prescribes the accounting for impairment losses.

【訳】
事後の測定および会計処理に関する指針を与える他の基準
(第54項の適用)

B63 企業結合によって取得した資産、
および引き継いだまたは発生した負債の
事後的な測定および会計処理に関する指針を定める
他の基準の例には、以下のものがある。
(a) IAS第38号「無形資産」は、
企業結合で取得した識別可能な無形資産の会計処理を規定している。
取得企業はのれんを、
取得日に認識した金額から減損損失累計額を控除した金額で測定する。
IAS第36号「資産の減損」は、減損損失の会計処理を規定している。

IAS第36号「資産の減損 (Impairment of Assets)」には、
「のれんを含む現金生成単位の減損テスト」に関する規定があります。

【原文】karaoke
90 A cash-generating unit to which goodwill has been allocated shall be tested for impairment annually, and whenever there is an indication that the unit may be impaired, by comparing the carrying amount of the unit, including the goodwill, with the recoverable amount of the unit. If the recoverable amount of the unit exceeds the carrying amount of the unit, the unit and the goodwill allocated to that unit shall be regarded as not impaired. If the carrying amount of the unit exceeds the recoverable amount of the unit, the entity shall recognise the impairment loss in accordance with paragraph 104.

【訳】
第90項 のれんが配分された現金生成単位は、
毎期、および減損の兆候がある場合には随時、
のれんを含む当該単位の簿価と回復可能価額を比較することによって、
減損テストを行わなければならない。

当該単位の回復可能価額が帳簿価額を上回る場合には、
当該単位とのれんは減損していないものとみなされる。

当該単位の帳簿価額が回復可能価額を上回る場合には、
企業は第104項にしたがって、減損損失を認識しなければならない。

なお、日本の会計基準ではのれんを償却しますが、
のれんは、他の固定資産と同様に減損の対象にもなっています
「固定資産の減損に係る会計基準」、および
企業会計基準適用指針第6号「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」
を参照)。

■きょうの単語
prescribe [priskra'ib] 【他動】 命じる、規定する

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポンタ Tポイント ローソン ファミリーマート ゲオ カルチュア・コンビニエンス・クラブ 昭和シェル石油 新日本石油 日本ケンタッキー・フライド・チキン ドトールコーヒー すかいらーく サカイ引越センター アートコーポレーションiPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛和夫 グーグルフォン 徴兵制 コラーゲン 篠原涼子 事業仕分け

|

« 財務諸表の信頼性向上、中小企業導入には柔軟性必要 徐正雨氏(韓国会計基準委員会委員長) | トップページ | (IFRS 視点・論点)企業間で姿勢分かれる 基準の共通化自体は必要 全米財務担当役員協会会長 マリー・ホライン氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269050/39028861

この記事へのトラックバック一覧です: 板硝子、IFRSなら今期純利益10倍に 来期の適用控え影響を試算:

« 財務諸表の信頼性向上、中小企業導入には柔軟性必要 徐正雨氏(韓国会計基準委員会委員長) | トップページ | (IFRS 視点・論点)企業間で姿勢分かれる 基準の共通化自体は必要 全米財務担当役員協会会長 マリー・ホライン氏 »