« 欠損金の繰越控除制度の縮小(IAS12号) | トップページ | HIS、ハウステンボスの負ののれん一括償却(IFRS3号) »

生保協会長、新会計基準に懸念

IFRS
生命保険協会の渡辺光一郎会長(第一生命保険社長)は17日の会見で、国際会計基準審議会(IASB)が保険会社に適用する見通しの新たな会計基準について、「一般の契約者などが理解しにくくなる」との懸念を示した。

IASBは各国の保険会社などから寄せられた意見を参考に、2011年には新しい基準をまとめる方向。将来支払う保険金などの負債の時価評価が導入される見通しで、生保協は負債の変動が純損益にも影響することなどに反対している。渡辺会長は「日本だけではなく欧州を中心に各国の保険業界が慎重な姿勢を示している」と述べた。

(生保協会長、新会計基準に懸念
2010/12/18 0:51 日本経済新聞 電子版

   +++

■国際会計基準では

公開草案 (Exposure Draft)「保険契約 (Insurance Contracts)」
(2010年7月)(日本語訳)より引用します。

【原文】karaoke
Measurement
Subsequent measurement
47 The carrying amount of an insurance contract at the end of each
reporting period shall be the sum of:
(a) the present value of the fulfilment cash flows at that date, and(b) the remaining amount of the residual margin.

【訳】
事後測定
47 各報告期間の末日における保険契約の帳簿価額は、次の合計額でなければならない。
(a) その時点における履行キャッシュ・フローの現在価値
(b) 残余マージンの残存価額

【原文】karaoke
Presentation
Statement of comprehensive income
76 An entity shall present all income and expense from insurance contracts in profit or loss.

【訳】
表 示
包括利益計算書
76 企業は、保険契約から生じるすべての収益及び費用を
純損益に表示しなければならない。

■きょうの単語
insurance [inʃu'ərəns] 【名】 保険

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 欠損金の繰越控除制度の縮小(IAS12号) | トップページ | HIS、ハウステンボスの負ののれん一括償却(IFRS3号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269050/38120572

この記事へのトラックバック一覧です: 生保協会長、新会計基準に懸念 :

» 任意保険 [任意保険]
自動車任意保険 [続きを読む]

受信: 2011年1月12日 (水) 23時55分

« 欠損金の繰越控除制度の縮小(IAS12号) | トップページ | HIS、ハウステンボスの負ののれん一括償却(IFRS3号) »