« 四半期開示で簡素化案 会計基準委まとめ、企業の負担軽減へ (IAS34号) | トップページ | 「加速度償却」の縮小が減税効果を相殺 (IAS16号) »

マツキヨHD、確定拠出型年金を導入 11年2月 (IAS19号)

IFRS
マツモトキヨシホールディングスは17日、2011年2月から確定拠出年金制度を導入すると発表した。退職給付債務・費用を削減し、運用成績の変動に伴う業績への影響を抑えるのが狙い。従来の確定給付型の企業年金基金は解散を予定している。一部子会社で導入した適格退職年金制度も廃止し、ともに確定拠出年金に移行する。

(マツキヨHD、確定拠出型年金を導入 11年2月
2010/12/17 23:22 日本経済新聞 電子版

   +++

■国際会計基準では

「確定給付制度(IAS第19号改定案)
(Defined Benefit Plans: Proposed amendments to IAS 19)」(2010年4月)
より、
「確定拠出年金」の定義を引用します。

【原文】karaoke
Definitions relating to classification of long-term employee
benefit plans

Defined contribution plans are long-term employee
benefit plans under which an entity pays fixed contributions into a
separate entity (a fund) and will have no legal or constructive obligation to pay further contributions if the fund does not hold sufficient assets to pay all employee benefits relating to employee service in the current and prior periods.

【訳】
長期従業員給付制度の分類に関連する定義

「確定拠出制度」とは、分離された組織体(すなわち基金)に対して
企業が固定の拠出額を支払い、
現在および過去の期間における役務提供に対する
従業員給付を支払うための十分な資産を基金が保有しない場合にも、
それ以上の拠出額を支払う法的または推定的債務を企業が負うことがない
ような長期従業員給付制度である。

■きょうの単語
contribute [kəntri'bjuːt] 【他動】 貢献する、献金する

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 四半期開示で簡素化案 会計基準委まとめ、企業の負担軽減へ (IAS34号) | トップページ | 「加速度償却」の縮小が減税効果を相殺 (IAS16号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269050/38119945

この記事へのトラックバック一覧です: マツキヨHD、確定拠出型年金を導入 11年2月 (IAS19号):

« 四半期開示で簡素化案 会計基準委まとめ、企業の負担軽減へ (IAS34号) | トップページ | 「加速度償却」の縮小が減税効果を相殺 (IAS16号) »