« 働く環境、有給休暇の取りやすさを重視(IAS第19号) | トップページ | 素材各社、持ち分利益拡大 海外グループ企業が寄与 新日鉄、2倍の700億円 今期経常益を押し上げ (IAS第28号) »

リンガーハット、減価償却方法を変更。定率法から定額法に(IAS第16号)

IFRS
長崎ちゃんぽん店やとんかつ店を展開するリンガーハットの2010年3~8月期の連結営業利益は、前年同期比2.5倍の7億円程度になったようだ。従来予想は6億6000万円。ドライブスルー店やショッピングセンター(SC)内のフードコート店の売り上げが好調だった。人員配置の効率を高め、販管費も抑制した。

売上高は7%増の170億円と従来予想とほぼ同じ水準だったようだ。猛暑の影響で8月の売上高は伸び悩んだが、7月まではちゃんぽん業態を中心に好調が続いた。3~8月のフランチャイズチェーン(FC)を含めた既存店売上高は前年同期に比べ2%増えた。

めんの増量サービスを地域限定から全国に広げ、親子連れなど幅広い客層を取り込んだ。

前期までに不採算店の閉鎖が一巡したことで、既存店の回復が利益拡大につながりやすくなった。厨房(ちゅうぼう)の機械化や工場の稼働効率向上などでコスト抑制も進んだ。減価償却費の算定方法を定率法から定額法に変更 したことも利益水準を押し上げた。

11年2月期の売上高は前期比4%増の338億円、営業利益は38%増の12億円を見込む。FC方式による出店を拡大する方針で、収益は計画を上回る可能性もある。

リンガーハット、営業益2.5倍7億円 3~8月 2010/9/9付 日本経済新聞 朝刊)

   +++

個別的事項6.減価償却の償却方法は、定率法が全く使えなくなるのではないか

(誤解)IFRSになると、有形固定資産の償却方法は、定率法は全く使えなくなり、見直しが必要。

(実際)IFRSは、減価償却は資産の償却可能価額を耐用年数にわたって規則的に配分するものであり、償却方法は、将来的な資産の経済的便益の消費パターンを反映したものを採用しなければならないとされている。定率法と定額法との間に優劣はない。

【IAS 第16号(有形固定資産)62項】資産の償却可能価額を耐用年数にわたって規則的に配分するために、種々の減価償却方法が用いられる。そうした方法には、定額法、定率法及び生産高比例法がある。定額法では、資産の残存価額が変化しない場合には、耐用年数にわたり一定額の費用が計上されることになる。定率法では、耐用年数にわたり、逓減的な費用が計上されることになる。生産高比例法では、予測される使用や生産高に応じて費用が計上されることになる。企業は資産に具現化された将来の経済的便益の予測消費パターンを最も近く反映している方法を選択する。適用される方法は、将来の経済的便益の予測消費パターンに変更がない限り、毎期継続して適用される。

出所: 「国際会計基準(IFRS)に関する誤解」(金融庁、2010年(平成22年)4月))

   +++

■国際会計基準では

IASBが公表した、不定期な教育用の注釈 (Occasional Education Notes)、
「減価償却と国際会計基準 (Depreciation and IFRS)」(2010年11月19日付)
企業会計基準委員会ASBJによる仮訳)より、
「IAS第16号 有形固定資産は、償却方法の多様性を認める
(IAS 16 permits a variety of depreciation methods)」
の一部を抜粋します。

なお、この文書には、
"This article represents the views of the author and
is not an official pronouncement of the IASB."
(この記事は筆者の見解を表すものであって、IASBの公式な表明ではない。)
との注意書きが付されています。

【原文】karaoke
For example, many assets require more repairs and more frequent maintenance in the later years of their lives. Similarly, management may expect that the price of a product produced by an asset will decline over the asset’s life. Both suggest that a declining balance method may be a better approximation of the pattern of consumption.

【訳】
たとえば、資産は、その耐用年数の後半になるほど、
より多くの修繕やより頻繁な保守を必要とすることが多い。
また、経営者は、資産によって生産される製品の価格が、
資産の耐用年数を通じて漸減すると予想することもある。
これらはいずれも、定率法の方が消費パターンをよりよく近似する
ことを示す例である。

■きょうの単語
repair [ripe'ər] 【名】 修理、修繕
maintenance [me'intənəns] 【名】 持続、維持、保守
approximation [əprɑ`ksime'iʃn] 【名】 近づくこと、近似、概算

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポンタ Tポイント ローソン ファミリーマート ゲオ カルチュア・コンビニエンス・クラブ 昭和シェル石油 新日本石油 日本ケンタッキー・フライド・チキン ドトールコーヒー すかいらーく サカイ引越センター アートコーポレーションiPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛 グーグルフォン 長崎県知事 町田市長 舛添要一 椿鬼奴 球団 キャンプ 不倫

|

« 働く環境、有給休暇の取りやすさを重視(IAS第19号) | トップページ | 素材各社、持ち分利益拡大 海外グループ企業が寄与 新日鉄、2倍の700億円 今期経常益を押し上げ (IAS第28号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269050/37855658

この記事へのトラックバック一覧です: リンガーハット、減価償却方法を変更。定率法から定額法に(IAS第16号):

« 働く環境、有給休暇の取りやすさを重視(IAS第19号) | トップページ | 素材各社、持ち分利益拡大 海外グループ企業が寄与 新日鉄、2倍の700億円 今期経常益を押し上げ (IAS第28号) »