« JR東日本と西日本の来期、退職給付費用が大幅減に ─「会計基準変更時差異」、IFRSでは。(IAS第19号) | トップページ | 不動産大手4社、マンション在庫が減少、評価損リスク抑える ─「低価法」、IFRSでは。(IAS第2号) »

NTTドコモ、ポイント関連費が急増、09年4~12月37%増 ─「重すぎるポイント負担」、IFRSでは。(IFRIC第13号)

IFRS
NTTドコモのポイントサービスに関する経費が急増している。端末価格と通信料金を分離する新販売方式の導入で端末の価格が上昇した見返りに、ポイントを多く与える仕組みに変更したことで引当金が増加買い替え周期の長期化により、ポイントを端末の修理に充てる加入者も増えている ためだ。

ドコモが2009年4~12月期に計上した引当金や営業費用に含まれるポイントサービス関連の経費は計1595億円。前年同期の3・7倍に膨らんだ。ポイント関連の費用増は、連結営業利益が7026億円と6%減る一因になった。

同社は新販売方式を導入した07年に、端末の修理に関するポイント制度を変更。故障や水ぬれなどに対する補償サービスの月額料金を引き下げるとともに、同サービスを一度も使わずに2年以上がたった加入者の端末買い替え時に、3000円分に相当する3000ポイントを与える仕組みに変えた。実際に買い替えまでの期間が2年を超すケースが急増し、3000ポイントを使って買い替える加入者が増える見込みで、引当金を300億円以上積み増した。

端末を長く使い、通常の利用でたまったポイントを故障修理に使う加入者も増えた。ポイント利用が増えたことによる、営業費用の押し上げは270億円程度になる。

故障に対する補償サービスは、加入者の囲い込みに一定の効果を上げている。しかし、負担も大きいため、1月からは補償サービスのポイント付与率などを引き下げた。

(NTTドコモ、ポイント関連費が急増、09年4~12月37%増
2010/03/03  日本経済新聞 朝刊)

   +++iPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛 グーグルフォン 長崎県知事 町田市長 舛添要一 椿鬼奴 球団 キャンプ 不倫

■国際会計基準では

IFRIC第13号「カスタマー・ロイヤルティ・プログラム
(Customer Loyalty Programmes)」
より、
「特典提供コストが対価を上回ることが見込まれる場合」の規定を引用します。

【原文】
Consensus
9 If at any time the unavoidable costs of meeting the obligations to supply the awards are expected to exceed the consideration received and receivable for them (ie the consideration allocated to the award credits at the time of the initial sale that has not yet been recognised as revenue plus any further consideration receivable when the customer redeems the award credits), the entity has onerous contracts. A liability shall be recognised for the excess in accordance with IAS 37.

The need to recognise such a liability could arise if the expected costs of supplying awards increase, for example if the entity revises its expectations about the number of award credits that will be redeemed.

【訳】
合意事項
第9項 特典を提供する義務を履行するために避けられない費用が、
受け取ったあるいは受け取ることができる対価
(すなわち、当初販売時にポイントに配分された、
いまだ収益として認識されていない対価に、
顧客がポイントを交換する際に受け取ることができる
追加の対価を加えたもの)
を超えることが見込まれるときはいつでも、
企業は「有償契約」を有することになり、
IAS第37号「引当金、偶発債務及び偶発資産」にしたがって、
その超過分を負債として認識しなければならない。

特典を提供するための見積り費用が上昇した場合、
たとえば、交換されるポイントの数についての予想を
企業が見直す際などには、
そうした負債を認識しなければならない必要が生じる可能性がある。

※ 「おまけ」の交換に要するコストが、
 ポイント分として受け取った対価を上回ってしまったということであって、
 「本体」の当初販売と合わせてトータルで見れば、
 必ずしも損失が出ているとは限りません。

※ 損失が見込まれた時点で費用計上(引当処理)しなければならないという点で、
 「工事損失引当金」に似ています(参照記事1)(参照記事2)。

■きょうの単語
unavoidable 【形】 避けられない、不可避な
onerous [ɑ'nərəs] 【形】 重荷になる、面倒な

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポンタ Tポイント ローソン ファミリーマート ゲオ カルチュア・コンビニエンス・クラブ 昭和シェル石油 新日本石油 日本ケンタッキー・フライド・チキン ドトールコーヒー すかいらーく サカイ引越センター アートコーポレーションiPhone ポケモン ガンダム プリウス リコール iPad アバター キリン サントリー エンゼルバンク 稲盛 グーグルフォン 長崎県知事 町田市長 舛添要一 椿鬼奴 球団 キャンプ 不倫

|

« JR東日本と西日本の来期、退職給付費用が大幅減に ─「会計基準変更時差異」、IFRSでは。(IAS第19号) | トップページ | 不動産大手4社、マンション在庫が減少、評価損リスク抑える ─「低価法」、IFRSでは。(IAS第2号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NTTドコモ、ポイント関連費が急増、09年4~12月37%増 ─「重すぎるポイント負担」、IFRSでは。(IFRIC第13号):

« JR東日本と西日本の来期、退職給付費用が大幅減に ─「会計基準変更時差異」、IFRSでは。(IAS第19号) | トップページ | 不動産大手4社、マンション在庫が減少、評価損リスク抑える ─「低価法」、IFRSでは。(IAS第2号) »